Scoperta とは



 


「発見」を「発見」する

 

段ボール、皆さんもちろんご存知ですよね。私達の身の周り、少し見渡しただけでいろいろな「ふつうの段ボール」を目にします。

私達、東京コンテナ工業株式会社ではそんな「ふつうの段ボール」を毎日製造しています。段ボールは一つ一つがオーダーメイド。用途に応じて広い可能性の中から最良の設計を「発見」してきているのです。
 
“Scoperta”はイタリア語で「発見」。段ボールから広がる様々な可能性から「発見」を「発見」していきたい、そのような思いからこの「Scoperta」プロジェクトがスタートしました。
現在私達は段ボールを用いたクラフトやディスプレイの提案、段ボールを用いた子供向けのワークショップ、新たな設計によるこれまでに無い段ボールの発明といったことに取り組んでいます。
 
私たち東京コンテナ工業株式会社は2020年で創立70周年を迎えます。これからも新たな「発見」を皆様にお届けしていきます。
 
東京コンテナ工業株式会社
Scoperta プロジェクト

 
 

 
上部へ戻る